爪で気づく

鯖柄父です。
時間がかなりたち、お盆の頃となりました。

ただの親ばかなのかもしれませんが、ミイナは12日に来ていたのかもしれません。

縁がミイナがよく寝ていた場所をじっと見つめたり、落ち着きなく鳴きながらうろうろしたりとしていたもので。

ヤスはいつも寝てない、ミイナが寝てたところ(↑とは別の場所)に寝ていました。

鯖柄母も着てたのではないだろうかといっていました。

今年のお盆は雲も厚くなく、綺麗な青空も雲の切れ間より見えていました。

2014_08_13_08_30_34.jpg


ミイナの「イザ」のときのために、いつも切っていた小指の爪が結構伸びてから切っている自分に気づきました。
爪を切るのはミイナに座薬を投入する際に、腸に傷をつけないようにするためです。
先生もいつも綺麗に短くしています。
なので、ちょっと深爪してましたけど、私も以前は短く切るように気をつけていたんです。

それで、いつも思い出すことはやっぱりミイナのこと。

ミイナはレントゲンだけではなく、CTやMRIを撮ったことは前回お話しましたが、この結果はどの先生も”見たことのない”症例でありました。
本当は同じような症例をもつ猫ちゃんはたくさんいるのだと思います。
ただ、気づかなくそのまま亡くなったり、気づく前に亡くなったりするのではないかと。

そんなミイナは(みんなだけど)、毎日朝夕には体重、おしっこ、うんPの確認はかかせません。
ミイナのおしっこは、(先生もおっしゃっていましたが、フェノバールの影響で)量が多かったです。
ただ、ミイナの場合は尋常ではない量、ヤスや縁はちょっとの違いはあるけれど、猫砂の固まりが両手でおにぎりをつくるぐらいなのに対して、ミイナは・・・そうですね・・・中ジョッキ1杯ぐらいの大きさ×2 です。
そんなミイナちゃんはがんばって水も飲んでくれていました。

いまわかるのは、そんなおしっこの量に慣れてしまった私たち、もっと危機感を持つべきだったんだろうと思います。

そのせいかミイナの体調は、ゲリラ豪雨のごとき変わってしまいます。

なので、強制給餌はいつものこと。


2013 00_00

以外とかわいくありませんか??

本ニャンは、イカってますけどね。(^ー^* )

これはね、赤ちゃん用のよだれ掛けをつけてるんですけど、ミイナは長毛なので食べるときにのどあたりにご飯がこびりついちゃうとその後が大変なので、ティッシュをはさめてるんですヨ。


ほんとはもっと前にブログを更新したかったんですけど、気持ちがね・・・

人間は亡くなると仏になり、動物は無となる。

と、とあるお坊様がおっしゃっていたと伺ったことがあります。

私は不信心ではありますが、それでも、「49日」はあると思っています。

これも親ばかだからなのかもしれませんが、ミイナは47日目、48日目と、カリカリを食べに来てたと思っています。

朝に夕(夜)にと、カリカリを出すと、ヤスと縁はお食事場にはいないのに、カリカリを食べる音が聞こえました。
(空耳と笑って下さい)

それを鯖柄母に話しをすると、彼女も同じような音が聞こえていたそうです。

そして、49日目にはその音はしなくなりました。

いっぱいご飯を食べて、逝ったんだろうと。



鯖柄母は、いまだにこのブログを見ることができません。
もしかしたらこのままずっとなのかもしれません。

鯖柄母にとって、ミイナは「必ず病院から戻ってくるもの」と思っていたそうです。
そりゃね、何度も入院したけど必ず退院できてましたから。

それが看取ってあげれなかったということよりも、ショックが大きかったようなのです。

私は・・・・・・・・・・ひょんなことから感極まることがあり、自分がこんなにも猫バカ、ミイナバカだったんだと感じます。
変ですよね、オヤジなのに。


ヤスと縁。元気いっぱいです。

彼らがいてくれてよかったです。

彼らがいなかったら、鯖柄父母はご飯も食べないし、どうなっていたかわからない状態でした。

ミイナが大好きなヤス。

CIMG7191.jpg

今はよく鯖柄父母甘えます。

ミイナはこれを受け止めていたんだなと思うほどです。

ミイナは自分を猫と思っていなかったような感じがしてたのに。


初めの頃はミイナに「シャー」してた縁

CIMG7192.jpg

ミイナと一緒に寝たかったんだよね。

長文におつきあいいただきありがとうございます。

今後は、ヤス、縁の元気な姿をおもしろおかしく書いていければと思っています。

今日もヤス、縁は元気いっぱいです。

コメント

No title

こんにちは。
ミイナちゃんが旅立ってからの月日を振り返られての更新はお辛かったでしょうね。我が家も愛犬を亡くしてから7月に一周忌を迎えました。今は少しずつ楽しかったこと、辛かったことを涙なく話せるようになってきました。

これからヤスちゃん、縁ちゃんの可愛い日常がつづれるようになる日を願っています。
お元気でお過ごしください<(_ _)>

コメントの投稿