スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お嬢さん

ワトママさん、ありがとうございます。
しばらくたってしまいましたが・・・・汗

で、ヤスと縁のネタを紹介する前に、ちょっとばかし。


今日、うちの家族となりました、娘を紹介します。


CIMG7211.jpg


名前は、「ミイコ」といいます。

ひょんな事から鯖柄母が、鯖柄父にミイナに似ている子を見つけたと連絡があり、
鯖柄父は、ミイナを迎える前の状態となってたそうです。(鯖柄母談)

この写真だけでは、ミイナと似ているか判断が難しいと思いますが、
最初に見た写真はミイナの小さい頃に似ているのです。



CIMG7213.jpg

ミイコは正当派長毛なので、ミイナの小さい頃よりも毛が長いです。

ミイナとミイコは違うんだと自分に言い聞かせているものの、
ミイナと似ているところをたくさん探そうとしている自分がいます。

ミイナはミイナ、ミイコはミイコとしてみてあげなければいけませんよね。



CIMG7216.jpg

あとは、先住猫であるヤスと縁と早く打ち解けて、
仲良くなってくれればと思います。

悪いことは考えていません。
きっと、みんな仲良くなれるはず。

末っ子女子も美人さんになりそうでしょ~?

鯖柄母も頑張ってブログを見てくれるそうです。

みんな元気です。


スポンサーサイト

今思えば

ちょっと早すぎるのかな、初めてミイナと会ったときのことを。


わたしの携帯にこれが届いたとき、だんなはず~~~~~と、携帯を返してくれなかったっけ。

P1000001.jpg

あと2年ぐらいを目標にペット可物件に引っ越そうと話し合ってたちょうどそのタイミング。

だんなはため息交じりに、ず~~と、ず~~と、見ていたっけ。

あきらめなければいけないのに、あきらめきれないって感じかな。

P1000002.jpg

もう明日にでも、里親探しをはじめるらしいことをだんなに伝えたら、それはそれは悲しい顔をしてたっけなぁ。

「うちで引き取る?」って言ったときのだんなの喜んだことっていままでに見たことないぐらい。

初めて実際に会ったときは、ちっちゃくって、すぐにでも壊れてしまいそうな気がしてたっけ。

DSCN0357_450.jpg

ふふっ。

このころは、さすがに知らない人にはちょっと近づきたくないなぁ~的な感じもしたっけ。

だんなはビミョ~に、ヤキモチやいてたらしいヨ。
自分には来てくれないって。

そりゃそうだよね、ご飯からなにからお世話をお願いしてたんだから。

DSCN0358_450.jpg

このとき、初めて遊んだ動画もあるけど、それはまたの機会で。

このあとも、いろんなことがあったけど、今はこうだし。

DSCN7070.jpg

もう両手にはおさまらないよ!(笑)

あたりまえか!!

DSCN6964.jpg

この後はヤスが弟分として来てくれて、お笑い班長・・いや隊長かな?・・の座に居座ってるし。
縁はまだまだこれからだけど、なんとななるさ。

昨日拝見したブログ(ねこおもい)では、27歳まで長生きしてくれた猫ちゃんがいたそうです。

ミイナも、ヤスも、縁も、みんな、みんな長生きして欲しいな。

やばっ!勝手にリンクしちゃった。(汗)

今日はちょっと感傷的になっちゃったかな。
でも、ニャンズは元気いっぱいです。
今日も1日ありがとう。

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!とても励みになっています。

ミイナとヤスと2ポチしていただけると、うれしいです

↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

Tag : さばがら 黒猫 サバ クロネコ

高坂ネコ保護成功

とうとう、

とうとう、

運よく3回目の捕獲行動で、

やっと、

やっとこサ

確保に成功しました。

DSCN5978.jpg

あっ!すいません、これはミイナです。(お約束で・・・・)

いやいや、まじめな話。
私にとっても、だんなにとっても「初保護」しちゃったんです。

ことのはじめは、4月17日。
あの、都内に季節はずれの雪が降った日です。
ほんとうに、ほんとうに寒い1日の始まりでした。

私たちは仲間とともにスキーへと向かい、雪のため閉鎖されている首都高(外環道)にがくぜんとしながらも、関越自動車道 下り線 高坂サービスエリアでちょっと朝ごはんTIME。
ここは、DogRunがあるので、ワンちゃん連れのお客様が多いようです。

すると、外のテーブルの下になにやら見たことがあるような感じの形の影が・・・・・・ネコです。
このときは、座る人々におびえもせず、それよりも人なれすぎている感がありました。
ある親子づれが、なにやら興味を持ったようで、野良ちゃんなら持って行きそうな感じでもありましたので、その場はなんとも思わず立ち去ったのです。

翌週(4月24日)
なんか、いきなり、”ふっ”と、この子のことを思い出してしまい、気になって、気になって、気になりだしたら止まらなくなりました。
野良ならあの親子がつれて行ったであろうと思いながらも、だんなと相談し、”それ”を確認するために。
念のため、キャリーを持って。





・・・・・いちゃった。

いきなり発見。
テーブルの下。
人の足元。

でも前より怖がってる。






なんでいるの?
と思いながらも、なんかうれしくなってしまった自分がそこにありました。

足で脅かして楽しんでるいい年のオヤジグループ。
犬をたきつけて脅かして楽しんでる心無い犬の飼主さん。
なども見かけました。
このせいなんでしょうね、怖がりになってしまったのは。
ネコが嫌いな方だっているでしょうが、そこまでしなくても。
避けて通ればすむのでは?と不条理におもいつつ。

外のお店の方に話を伺ったら野良らしく、車も多いところに1匹でいるので、気にしていたそうです。
私たちがお持ちお帰りしても問題はないとのことなので、早速。

その時はキャリーを持ってきてなかったので、車に戻り準備。
再度、来てみると、まだいました。テーブルの下。

・・・・・と、


年のころは小学1~2年生ぐらいの男の子が、「ネコちゃんだー」といいながら追いかけはじめました。
ネコは当然びっくりして、車が走り回る駐車上へ走っていきました。
親は?・・・・・
なんと、次はその子の母親が、追いまわし、走りまわりはじめました。
車が走ってる中、駐車している車の下をのぞき込みながら。
ごはんなんてものは持ってるように見えません。
ただ触りたいだけ?

その母親疲れたのか、自分の車に戻ったと思ったら次は父親が・・・・
それを見ていただんなが怒り始めました。いまにも飛びかかって行きそうでした。
私がだんなを静止し、なだめていたら、その父親も車に戻り、そのまま発車。
当然、飼う気”ゼロ”なのは見え見え。

当の本ニャンはどこに行ったかと言うと、サービスエリア端の草むらに、走り回る車を無事に避けながら到達できたようです。

かなり、警戒はしていたのですが・・・・なんとかカリカリをあげることに成功。

DSCN5847.jpg

実はこのときもかなり警戒して、および腰で食べてたんです。いつでも逃げれるようにと。

DSCN5851.jpg

落ち着くまでしばらく見てようと言うことにしてたら、サービスエリアの見回りの方(または清掃のおじさん?)たちがちょうど廻ってきて、色々話を伺いました。

どうやら、この子は4月の頭ぐらいに、ここへ捨てられた子のようです。
最近はこの場所(サービスエリア端の草むら)でよく見かけること。
そして、このままにしてはおけないので、捕まえて”どこか”に連れて行くことを頼まれた方がいらっしゃることも。

それを聞いた私(だんなも)ほおってはおけなくなりました。
気になった子(気になってしまった子)が、どうなってしまうのか。
考えたくないので、保護してあとは保護のあとで考えるってことで、だんなと意見が合い、イザ!!

序々になれて来たのか、体がだんながギリギリ触れるところにあるものの、もうすぐカリカリがなくなりそう。
コレ食べ終わったら、しばらく出てこないかも・・・・と思っていたら、だんなが飛び掛る。
しかし、運悪くバイクのものすごい音が横を通過し、ネコもビックり!!

・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・失敗。
奥に引っ込んじゃった。

今日は運がなかったんだよ。


翌週(4月25日)
ミイナの一件があり、ミイナが寝静まったのを確認し、再度挑戦。
サービスエリア端の草むらも、全部見て回ったけど・・・
流石に、夕方では寝床に移ってしまったのか、姿すら見えず・・・・断念。

平日はこれないので次はGWでと決心を固め、それまで無事にいるようにと願いながら、帰路を進みました。


捕獲作戦実行3回目(それが今日、4月30日)
朝も早くから眠い目をこすりながら、甘えてくるミイナとヤスを説得し、出発。

テーブルの下にはいないかもしれないと思いながら、関越自動車道 下り線 高坂サービスエリア 到着&戦闘開始。

な・な・なんと、やっぱり人なれしてる~~~で、まだ完全な野良化してるわけではないみたい。
でも、体は前より痩せて見える。
ちょっとおびえながら、パンを貰っては一生懸命食べてました。
なので、早速!! 今日はネコ缶!!!

ガッツリよってきたものの、かなり警戒・・・さらにちょっと場所がまずかった。
どうやら、テーブルの下がちょっとは安心して食べれるみたいなんだけど、ネコ缶を置いたこところが、テーブルとテーブルの間だから落ち着かない様子。

そのうち、テーブルに座ってるご年配の方が、手が滑って”バタッ”とお持ちの杖を落としてしまい、それにびっくりしたのか、”サササー”と逃げちゃった。

追っては見たものの・・・・柵の外側に逃げちゃって・・・しかも”食った食った”してるので、「こりゃしばらくこないかな?」とちょっとあきらめ。
今だから言えるけど、”ちょっと”ではなく、完全にガックリしてたんですよ、”明日か~”と思いつつ。
で、病院の午前の部の時間も考え、おなかも空いたし、高速を一度降り引き返して再度このサービスエリアに来て再挑戦してだめなら明日にしようと思ったんです。
この高坂サービスエリアは、昇りと下りが階段で行き来できるようになっているので、そういうことができるんですよ。
この階段を上って、下り側のサービスエリアにキャリー持って来たら、なんと! 掃除のおねぇさんに応援されてしまった。
あたしらある意味有名になってしまった?・・・一部地域限定(すぎる)だけど。
やる気満々120%で頑張って行きましょうかぁ~~~~~!!!!

そしたら・・・・・いたいた。
ちゃっかり、テーブルの下。
今度は回りに人影なし。

ではここで、おさらい。
<捕獲レシピ:準備するもの>
・タオル
 :先週ミイナの件のとき先生に相談したところによるアドバイスで。
  ネコは”面”で包まれると安心するらしい。
・ネコ缶、またはカリカリを皿にあけたもの。
・キャリー
・女の度胸
・だんな

<手順>
1.まずはだんなが脅かさないように正面の椅子に座る。
2.ネコ、だんなを恐る恐るガン見。
3.準備したネコ缶のお皿を、逃げないギリギリのラインでだんな側に置く。
4.ネコ、だんなをガン見しながら、および腰で食べる。
5.私はネコの斜め後ろぐらいの椅子に脅かさないようにタオルを持って座る。
6.ネコをだんなになれさす。
7.準備した”女の度胸”を奮い立たせて、後ろからタオルで一気にくるむ。
8.だんなにキャリーに入れてもらう。

ちょっと危なかったけど、大・大・大成功!!

4と5あたりで、カップルに
「カワイイ~。いいなぁ~ネコ連れてあるけるなんてぇ~」
って言われました。
私だって、連れて歩けるならそうしたい・・・かおりんさんとこみたいに・・・
涙が出そう・・・・でも今はそれどころじゃないんだって頑張りましたよ。ええ。

すぐさま病院へ直行です。

DSCN5999.jpg

このこは、”ウー”も”シャー”もありませんでした。
それどころか、車の中では1時間ぐらいかかったのにも係わらず、「グースカピー」と寝てました。
ミイナやヤスより大物かも・・・とおもいつつ、車に慣れてるとしか思えません。

DSCN6002.jpg

先生の見立てでは、歯も綺麗だし、体躯的に小柄とのことであり、若くて10~11ヶ月だろうとのこと。
なので、ヤスと同じくらいだろうと思います。

体重は2.7キログラム
性別:男の子

体重はヤスとはぜんぜんかけ離れてますが、あまり食べれなかったのではないかと思います。
さらに、この子はミイナやヤスと違い、おかぁさんから十分な免疫を貰ってるように思います。
理由は顔を見ていただければお分かりいただけるかと思いますが、綺麗でしょ?
目やになし、ただれなし、充血なし、鼻水なし。
ちょっと毛がゴワゴワしてるぐらいでしょうか(笑)
あんなに寒い日が続き、雨風もあったのに。元気です。

未去勢でもあったので、駆虫、血液検査、検便、去勢とフルコースでお願いすることにしました。
退院は5月4日の予定です。
その後は・・・・とりあえず慣れてからの話だけど、里親さんを募集させてもらいたいかな?
声、かわいいですヨ。
男の子だから、甘えて上手なはず。

そうそう!
名前なんですが、色々考えた挙句、”縁”(エン)とすることにしました。
ひねりもなく、そのままズバリですが・・・・

でも、これで我が家は”エンヤス”(円安)かと・・・景気よ上向きたれ!!

今日のニャンズも元気です。
ありがとう。

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!とても励みになっています。

ミイナとヤスと2ポチしていただけると、うれしいです

↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

Tag : 高坂サービスエリア 野良猫

ミイナとヤス

先日、ヤスを病院に連れて行き、結果、念願のミイナとヤスの初対面(?)を果たすことができました。
ちなみにヤスは900グラムとなっており、週100グラム増のペースです。

ココからは、先日(8月9日)の話です。

とりあえず、ヤスをキャリーに入れたままでミイナにあわせ、その後、キャリーを開けてみました。

DSCN5894.jpg

ミイナは、「ウー」も「シャー」も言いません。

DSCN5896.jpg

ミイナはヤスに興味深々といった感じですが、ヤスは隔離部屋ではない初めてのリビングのせいもあるのか、いろんなことに興味を持つようです。
そのため、低い姿勢でウロウロする始末。
いまいち話もかみ合ってないような感じにも見受けられました。

DSCN5897.jpg

どことなくおちつかない2ニャン。
それもそうですよね、だって間直でしっかり見るのは初めてなんだもん。

DSCN5900.jpg

見るもの全てが始めてのヤスは、やっぱり気の多いこと。
ミイナは見守っているというか、こわれものを見てる感じにすら見えます。

DSCN5902.jpg

せったかくミイナが自分からコミュニケーションをとろうとしても、いろんなところに興味が行くヤスはそれどころではない様子。

と、思っていても・・・・

DSCN5905.jpg

ヤスが自分からミイナに近づくと、こんどはミイナが後ずさりしたりします。
ミイナの半分にも満たないヤス。
ミイナは警戒しているわけでもないのに、なんで後ずさりしたりするのかなぁ?

DSCN5907.jpg

でも、不思議なのはそれでもミイナはヤスに興味があるのか、ヤスがうろつく背後に近づいていきます。

こんな感じで初対面は終了し、ミイナはいつものところでご飯、ヤスはケージでご飯、そのあとはおやすみなさいとなりました。

ここからは本日(8月10日)のお話。

ヤスにご飯をあげ、一頃たっておちついたあと、ケージの入り口から、ミイナが”ササッ”と入ってきました。

DSCN5910.jpg

ミイナったらなんのチェックをしてるんだか・・・・
小さいころの自分がいたこと・・・と言っても、ほんの3ヶ月前までは使っていたケージ・・・・を覚えていて、懐かしいことでもあるのだろうか?
まぁそんなことはないだろうとは思いますけど。

今日は、昨日とはうって変わって、ヤスがミイナに興味深々のようです。

DSCN5911.jpg

ある意味、ミイナストーカーとなってしまっています。

でも、ミイナはすごっくやさしい娘なんだなぁ~とつくづく思いました。

ヤスはミイナの顔を手ってこで、ぺたぺたしたり、(ミイナの目がきになってはらはらでしたが・・)、遊ぼうとして、欽ちゃん走りでミイナを追い回したりと、かなり激しい時間をすごしたのですが、ミイナは一切手を出しません。
出そうとして、手を上げた瞬間も何度か見ましたが、上げたままの状態で終わります。

やさしい娘になってくれたのは、お世話になった方々のおかげと思い、感謝の念が沸いてきて、感涙したりもしました。
元気でやさしい娘に育ちました。
ほんとうにありがとうございました。

さてさて、欽ちゃん走りは子猫は結構するようなのですが、ヤスの欽ちゃん走りはかなり笑えます。
がんばってビデオにしたいと思いますので、申しわけありませんがその時まで、首をながくしてお待ち下さい。

遊びつかれた(?というか、相手するのに疲れた?)ミイナは、いつもより早い時間なのにもうぐっすりです。

DSCN5908.jpg


ヤスも、ミイナのようにやさしい子に育ってくれるといいな~。

今日もみんな元気いっぱいでありがとう。

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!とても励みになっています。

ミイナとヤスと2ポチしていただけると、うれしいです

↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

黒猫の”やす”です

はじめまして。「やす」です

先日(7月12日)に、ミイナの弟分として、にこ家より、来ていただきました。

毛並みはモカモカです。
”黒猫”というと、○崎駿さんの「魔女の○急便」のジジのような子が思い当たるかとおもいますが、やすは黒猫といより、小熊?(っていうか、黒毛玉?)といったほうがいいのかもしれません。

今回のやすは、にこ家にて写させていただいたものです。

そのうち、鯖柄家にて撮ったものをお見せしたいと思います。

DSCN5151.jpg

実は、私もだんなも同時期に黒猫の夢をみたので、ミイナの弟分は「黒猫しかない!」と思い、探し回ったのです。

ミイナと初めて会ったときよりもちょっと小さめでしょうか?
昨日の時点で、450グラムでした。

DSCN5153.jpg

残念ながら、里親詐欺が多いようです。
あったまきます。
最低なやつら、最近表ざたになったのが、苫小牧の女医!

2件のお断りを受けました。
他にお見合いをお願いした時点で、いなかったとか・・・うれしいことなのですが、残念なことも3件ほど。

DSCN5150.jpg

それでも、、にこ家では、受け入れていただきました。
本当に、感謝いたします。

DSCN5152_20090714123101.jpg

いまはまだ残念な状態ですが、最後まできっちり鯖柄家で一緒に暮らしたいと思います。

さてさて、ミイナさんですが、やはりおとなしい性格(?)なのか、始めてあったのにも関わらず、”ウー”も”シャー”もしませんでした。

誰?って感じです。

DSCN5127.jpg

ある意味、これで鯖柄家は、モノトーンになったようなものですかね?

今日もみんなげんきです。

ランキングに参加しています。
いつも応援ありがとうございます!とても励みになっています。

ミイナとヤスと2ポチしていただけると、うれしいです

↑をポチッとクリックしてくれると嬉しいです!
(1日1クリック有効です)

テーマ : 猫のいる生活 - ジャンル : ペット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。